銘柄を買えるだけで分散投資

以前はメガバンクを中心に利用していましたが、たまたま仕事の関係でネットバンクに口座を作った時に、その金利の高さに驚き、今は主な資産分はネットバンクを利用、さらに同系列のネット証券にも口座をつくり積み立て投信を行っています。

 

投資信託をはじめたのは、積み立て式の定期預金を作りたかったものの、そのネットバンクにはサービスがなかったので、という消極的な理由でしたが、今思えばこちらのほうがはるかによかったなと思います。

 

元本の保証がはっきりあるわけではないですが、投信はいわば預金でいう利率を自分で選べるようなもの。
NISA口座も始まったので、少額なら税金を気にせずにできるというのも魅力だと思います。

 

預金と違って預けっぱなしをいうわけにはいきませんが、銘柄を買えるだけで分散投資ができる、そもそも一度に購入しないので時間的な分散もできる、という安心材料もあります。
投信は両親もやっていますが、分配金を利用して海外旅行に行くなど、優雅に過ごしているようです。

11/14