定期預金や為替や株取引等があります

金融機関を活用して貯金を行う場合には金融機関を見極める事が大切です。

 

一つは振込手数料が無料である事です。

 

給与を貯蓄する場合に貯蓄専用口座を給与振込口座と異なる金融機関にしている際には振込手数料が生じます。

 

貯金を継続するにあたり振込手数料が蓄積する事によって多額になる場合がある為、振込手数料が無料である金融機関を選ぶ事が大切です。

 

一つは入金及び引出手数料が無料である事です。
入金や引出を行う際には金融機関の窓口よりも比較的手軽に利用する事が出来る現金自動預け払い機を使用するケースが一般的です。

 

使用する度に手数料が発生する場合には手数料の分だけ貯蓄額が減少します。
次に金融機関に貯金している金額が一定額(目標を定めておく事が望ましいです)に達した際に資金運用の検討を行います。

 

資金運用には定期預金や為替や株取引等があります。
資産運用の種類によっては若干リスクが必要となる場合があります。

 

金融機関の窓口担当者や専門書籍等から情報を得た上で慎重に考慮する事が大切です。

11/14